Web
Analytics

酒飲み親父の自分史 「昔ロックしてた俺へ」

酒飲み親父が昔の手帳を見て半生を振り返るブログ

秋のツアー(大阪の水) ~1991年10月その7~

f:id:sakenomi_oyaji:20211202233050p:plain

新型コロナのため家にいる時間が多くなった。
やることも無いので部屋の整理をしていると・・・

昔の手帳が出てきた。
1985年から2010年まで。

あの頃はスマホどころか、ガラケーも無い時代で、予定は手書きで手帳に書いていたのだ。
2010年以降はきっと携帯に予定を打ち込んだためにないのであろう。

さて、ちょっとだけ手帳のなかを覗いてみるか。

1991年、私は「伊太地山伝兵衛商会」と云うバンドに参加していた。

 

1991年
10月23日 横浜BUDDY
10月24日 茅ヶ崎R'Sステージ
10月25日 難波ロケッツ
10月26日 大阪ニコチャン堂
10月27日 京都アザーサイド
10月28日 京都ろくでなし
10月30日 大阪ミノヤホール
11月1日  和歌山オールドタイム
秋の関西ツアーだ。
ん?あああ思い出した。時を戻そう。

京都でのライブが終わり、大阪の千里に戻った。
宿舎にしていたのはブルースハープの尾崎さんの家である。
尾崎さんの家は、千里ニュータウンの団地で、千里中央駅からは歩いて10分くらいの所だった。
伝兵衛さんは、機材車でメンバーをここまで送り、自分だけは何処かへ消えて行った。
そして、ライブの日の昼に機材車で現れ、メンバーを拾って行くのである。


昼過ぎに起きると、ベースの吉見さんと散歩がてら千里中央駅近くのスーパーへ買い出しに出かけた。
寝起きの悪い恒ちゃんと尾崎さんは留守番だったと思う。
俺達は何回か泊まるうちに、尾崎さんの家の周辺にも詳しくなっていた。
今日の昼のメニューは冷たい日本蕎麦に決定。
二日酔いでも食べやすいし、何と言っても茹でるだけで簡単だ。

煙草を吸いながら団地の中の道を駅の方へダラダラと歩いて行った。
まだ歩き煙草が許されていた時代だった。
スーパーに着くと、乾麺の蕎麦とそばつゆ、刻み海苔などを買って帰路へ。
代金は経費の入った茶封筒から出した。
俺は伝兵衛商会に加入してから、すぐに経理係を任されていた。
ツアーの経費は全て茶封筒に入れて、高速道路を走る時なども、常に助手席に座り高速代を払っていたのだ。

買い物を終え尾崎さんの家に帰り着くと、早速鍋に水を張った。
この時「少し水道水が臭いな」と思った。
しかし、そのまま鍋に火を点けた。
沸騰してから乾麺を投入。
数分茹でて、水で絞めれば出来上がりだ。

蕎麦をどんぶりに山盛りにして、テーブルに出した。

皆初めは食べていたのだが、どうも売れ行きが悪い。
俺も一口食べてみた。
すぐに理由が分かった。
蕎麦がカビ臭いのだ。
その理由は大阪の水道水のせいだった。
当時の大阪の水は不味くて有名で、そのままで飲めたものではなかったのだ。
この水に慣れている尾崎さんは平気で食べている。
なんとか残りを食い切ったが、蕎麦の評判は最悪だった。


翌日の昼、伝兵衛さんが機材車で迎えに来た。
ライブに出発する前に近くの喫茶店でコーヒーを飲んだのだが、このコーヒーは美味かった。
マスターに聞くと、水道水は使っていないとの事。
そして、大阪の人は沸騰した水を冷ましてから使うらしい。
伝兵衛さんには、「そんなことは常識だ。ガッハッハ」と笑い飛ばされた。
茹でた蕎麦を水道水で絞めた事、濃縮のそばつゆを水道水で割った事が、さらに臭くなってしまった原因だった様だ。


ミノヤホールのライブは全く記憶が無い。
行った事の無い小屋に、機材車で店の前まで連行されてドラムを叩く。
そんな感じなのだ。

f:id:sakenomi_oyaji:20211202233042j:plain

大阪の中津にあった「ミノヤホール」は、 2018年3月31日(土)に閉店し、現在は「ステップホール」と名を変えて営業しているらしい。


ーつづくー