酒飲み親父の自分史 「昔ロックしてた俺へ」

酒飲み親父が昔の手帳を見て半生を振り返るブログ

吉祥寺バウスシアター ~1987年10月~

吉祥寺バウスシアター 映画から船出した映画館

新型コロナのため家にいる時間が多くなった。
やることも無いので部屋の整理をしていると・・・

昔の手帳が出てきた。
1985年から2010年まで。

あの頃はスマホどころか、ガラケーも無い時代で、予定は手書きで手帳に書いていたのだ。
2010年以降はきっと携帯に予定を打ち込んだためにないのであろう。

さて、ちょっとだけ手帳のなかを覗いてみるか。

1987年、私は就職して3年目、それと同時に新宿でバンド活動をしていたのだ。
この頃はMGと言うバンドに参加していた。

 

1987年 10月17日 14:00入り 吉祥寺バウスシアター
THE ROCKBANDの前座のライブだ。
ん?あああ思い出した。時を戻そう。

この日の事は鮮明に覚えている。
姉の結婚式があったからである。

結婚式は10:00から神保町のJ会館で行われた。
俺は一張羅のスーツを着ていった。
午前中に結婚式。午後から披露宴という段取りだ。
両家の親戚の顔見世の後、午前中に結婚式は滞りなく終わった。
すでに12:00。

披露宴が始まった。
前菜やらスープが出てくる。
貧乏人の俺には食った事の無いような物ばかりだ。
そしてメインはフィレステーキ。
配膳が始まった。
まだまだ肉は近づいて来ない。
時間は13:00になっていた。

 食いたい。

しかし、今日のライブは吉祥寺バウスシアター14:00入りだ。
食っていたら間に合わない。
でも、食いたい。
めでたい席を中座するのも失礼なのに、ましてや、「先に配膳してくれ」とも言うことも出来ず・・・。

スーツから普段着に着替え涙、涙、しながら、走って神保町の駅に向かった。
姉上様、俺は感動して泣いていたのではなく、フィレステーキが食いたくて泣いていたのだ。


吉祥寺の駅からも走って、バウスシアターには入り時間ぎりぎり間に合った。
しかし、体力を消耗して、完全に息が切れている。

今日のライブのメインはTHE ROCKBANDだ。
普段からお世話になっている兄貴分である。
まさに「四月の海賊たち」をリリースしたばかりだった。

四月の海賊たち

四月の海賊たち

 

 俺達はTHE ROCKBANDの前座で出演する。
バウスシアターは、普段映画や演劇の小劇場として使われていた。
立派なステージと、階段式の客席があった。
俺はこの日を楽しみにしていた。


リハーサルが終わると、昼に何も食べていない事を思い出した。
ステーキを食いそびれ、腹が減っていた。

俺は吉祥寺に来ると、決まって食べるものがあった。
味噌ラーメンである。
当時、札幌西山ラーメンの直営店が長崎屋の1Fにあったのだ。
かん水麺の中太のちぢれ麺は、濃厚な味噌スープにからむ。
今はもう無くなってしまったが、この日もここで西山の味噌ラーメンを食べた。
一時はスーパーでも袋入りを売っていたのだが、最近は全然見ない。
しょうがないので、今では北海道から取り寄せている。

西山ラーメン 味噌3食入

西山ラーメン 味噌3食入

  • メディア: その他
 

 さて、ライブに戻ろう。
俺達は薄暗いステージに繰り出した。
普段出演している小屋と違って、ドラム台があってステージから一段高くなっていた。
ドラム椅子に座る。
しかし、地に足が着いていない感じで、フワフワしている。

本番一曲目が始まる。
俺のカウントから始まる曲なのだが、あろうことかスピードを間違えた。
異常に早い。
すぐにメンバー全員が振り返った。
しかし、曲は始まっている。
このスピードでやりきった。
現実ではなく、夢の中の出来事の様であった
1曲目からすでにヘトヘトだ。

出だしですべったので、その後もなかなか持ち直せなかった。
ここ最近では一番ダメなライブだった。

出番の後、舞台裏裏からTHE ROCKBANDの演奏を見ていた。
さすがに安定感のあるビートを叩き出している。
同じステージから出ている音とは思えなかった。


打ち上げは、近鉄デパート近くの「つぼ八」だった気がする。
元気のない俺をTHE ROCKBANDの寺岡さんは慰めてくれた。
そう言えば、飲み会になるといつも寺岡さんの隣の席だった気がする。

結局、閉店まで飲んでタクシーで帰ったのである。

慌ただしい1日だった。


ーつづくー