酒飲み親父の自分史 「昔ロックしてた俺へ」

酒飲み親父が昔の手帳を見て半生を振り返るブログ

テリー・ボジオ ~1987年8月その5~

テリー・ボジオ - コンポーザー・シリーズ【4枚組CD+Blu-ray(ドラム・ソロ)/日本語字幕付)】

新型コロナのため家にいる時間が多くなった。
やることも無いので部屋の整理をしていると・・・

昔の手帳が出てきた。
1985年から2010年まで。

あの頃はスマホどころか、ガラケーも無い時代で、予定は手書きで手帳に書いていたのだ。
2010年以降はきっと携帯に予定を打ち込んだためにないのであろう。

さて、ちょっとだけ手帳のなかを覗いてみるか。

1987年、私は就職して3年目、それと同時に新宿でバンド活動をしていたのだ。
この頃はMGと言うバンドに参加していた。

 

1987年 8月28日 新宿ロフト パーソンズ
ライブを観に行った。
ん?あああ思い出した。時を戻そう。

前回のパーソンズの話で少し触れた、ミッシング・パーソンズのドラマーテリー・ボジオ。
今回は、大好きなテリー・ボジオの参加しているお気に入りのアルバムの話。

LIVE IN NEW YORK

LIVE IN NEW YORK

  • アーティスト:FRANK ZAPPA
  • 発売日: 2019/03/29
  • メディア: CD
 

 俺が一番初めにテリー・ボジオを知ったのは、フランクザッパの「雷舞イン・ニューヨーク」だった。
76年12月にニューヨークのPALLADIUM(パラディウム)で行われた4公演をまとめたライブアルバムである。
ザッパはライブでは参加ミュージシャンをアナウンスする。
テリー・ボジオの他、後に一緒にバンドをする事になるキーボード/ヴァイオリンEDDIE JOBSON、ベースPATRICK O'HEARN、ホーンセクションのMICHAEL BRECKERとRANDY BRECKERのブレッカーブラザースなどが顔を揃える。
腕利きミュージシャン達が、ザッパのジャズとプログレを混ぜた、ノージャンルの名曲を快演している。


ザッパのファンとなり、色々なビデオを見た。
そうしていくうちに、上半身裸、海パン一つで歌いながらドラムを叩きまくる長髪の若者を見た。
シンバルを叩く時には立ち上がらんばかりだ。
動いているボジオを見たのが、これが最初だった。

YOUTUBEのリンクはこちら
https://youtu.be/gSUHGcVda0g

 

ヘヴィ・メタル・ビ・バップ

ヘヴィ・メタル・ビ・バップ

 

 次が、ブレッカーブラザースの「ヘヴィ・メタル・ビ・バップ」。
これは、ボジオが参加していると知って買った。
ホーン系のフュージョンにボジオのドラムが決まる。
切れのいいキメが心地良い。

 

デンジャー・マネー+1

デンジャー・マネー+1

  • アーティスト:U.K.
  • 発売日: 2016/04/27
  • メディア: CD
 

 そして、UKに加入。
UKは、ドラムのビル・ブルーフォードとギターのアランホールズワースが脱退。
残ったエディ・ジョブソンとジョン・ウェットンは後任のドラマーとして、ジョブソンの知り合いで、
フランク・ザッパで活動していたテリー・ボジオを誘い、トリオ編成でバンドを再スタートさせた。
第2期UKである。

79年、セカンド・アルバム「デンジャー・マネー」をリリース。
同年5月に第2期メンバーで初来日。
同年、日本公演のライブ・アルバム「ナイト・アフター・ナイト」をリリースする。

ナイト・アフター・ナイト(ライヴ・イン・ジャパン)+1

ナイト・アフター・ナイト(ライヴ・イン・ジャパン)+1

  • アーティスト:U.K.
  • 発売日: 2016/04/27
  • メディア: CD
 

 2枚とも大好きなアルバムだ。
俺が変拍子のプログレにはまった時期だった。

 

スプリング・セッションM

スプリング・セッションM

 

 80年、ミッシング・パーソンズを結成。
メンバーは、当時の妻だったデイル・ボジオ、ザッパのウォーレン・ククルロ、パトリック・オハーン。
ポップなニューウエイブサウンドの4枚のアルバムを残している。

 

ギター・ショップ

ギター・ショップ

 

 89年、ジェフ・ベックの「ギターショップ」に参加。
テリー・ボジオ(ドラム)、トニー・ハイマス(キーボード)とのベースレス・トリオによるインスト集。
ストレートな演奏が多く、ギター・ロックである。
とりわけ最後の曲のスリング・ショットではボジオのツーバスが炸裂。
ドラムの破壊力が、ベックのギターとバトルしている。

89年8月11日、横浜アリーナでライヴを行っているが、このライブを見れなかった事が悔やまれる。


さて、テリー・ボジオと言えば、その独特なドラムセッティングでも有名だ。
手元に昔のパイステシンバルのUK時代の資料が有るので載せておく。

f:id:sakenomi_oyaji:20201011123929j:plain



ーつづくー