酒飲み親父の自分史 「昔ロックしてた俺へ」

酒飲み親父が昔の手帳を見て半生を振り返るブログ

ZGYのMJ ~1987年4月その4~

ZIGGY~IN WITH THE TIMES~(リマスター・バージョン)

新型コロナのため家にいる時間が多くなった。
やることも無いので部屋の整理をしていると・・・

昔の手帳が出てきた。
1985年から2010年まで。

あの頃はスマホどころか、ガラケーも無い時代で、予定は手書きで手帳に書いていたのだ。
2010年以降はきっと携帯に予定を打ち込んだためにないのであろう。

さて、ちょっとだけ手帳のなかを覗いてみるか。

1987年、私は就職して3年目、それと同時に新宿でバンド活動をしていたのだ。
この頃はMGと言うバンドに参加していた。

1987年 4月21日 渋谷ラママ
ZGY
ラママでZGYと対バンかな。
ん?あああ思い出した。時を戻そう。

毎月数本のライブをこなしている時期だ。
バンドMGは、やはり渋谷のラママを中心にライブを行っていた。
手帳には1987年4月21日「渋谷ラママ ZGY」と書いてある。

ZGYのメンバーは後から加入したギターのMS以外は顔見知りだった。
TN(B),OM(Dr)とは、GDF時代に会っていたからである。
ギターのMSにもGDF時代に、加入してから会っていたが、数回でほとんど話をした事が無い。

今回は,印象深い出会いをしたZGYのボーカルMJの話をしよう。

1985年の秋か冬。
誰かは忘れたが、他のバンドを吉祥寺の曼陀羅に観に行った時の話だ。
多分、レジスタンスのライブだっただろう。
わざわざ吉祥寺まで見に行って、打ち上げに参加するほど親しいバンドは他にないからだ。

俺がZGYのボーカルMJに最初に合ったのは、多分この時だったと思う。

ZIGGY~IN WITH THE TIMES~(リマスター・バージョン)

ZIGGY~IN WITH THE TIMES~(リマスター・バージョン)

  • 発売日: 2014/08/06
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 開演前の早い時間にMJは一人で現れた。
俺達が紙コップのビールを飲んでいる輪の中に入り込んで来た。
誰かの知り合いだったのであろうか。
周りの人間と談笑している。
俺は初対面だった。

黒いテンガロンハットをかぶり、首にはスカーフを巻いていた。
ヒラヒラのシャツの上にベストを羽織り、ブルージーンズにウエスタンブーツを履いている。
まるで自分がライブに出演するかの様だ。
俺も外タレを見に行く時は着飾るが、ライブハウスでは小綺麗な普段着だ。
帽子の奥に見える顔はまるで骸骨の様だった。
彼は紙コップのビールを持ちながらZGYです、と、しゃがれた声で名乗った。

俺はこの時、この男の名前がZGYであると勘違いしていた。

観客席でもその姿はかなり目立っていた。

GLORIA

GLORIA

  • 発売日: 2014/08/06
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 ライブが終わると打ち上げまでやって来た。
俺も打ち上げに参加しているので、人の事は言えない。
曼陀羅からほど近い2Fにある居酒屋だった。
なぜか場所まで鮮明に覚えている。

普通、打ち上げは出演者のテーブルと、その他友人のテーブルで分けられる。
奥には出演者が座り、俺とMJは、その他友人テーブルだった。
彼は俺の左斜め前で飲んでいた。
靴を脱ぐタイプの居酒屋だったので、足が窮屈そうだった。
なぜならMJはスリムジーンズを履いていたからだ。

乾杯が終わると、周りの人間と話を始めた。
この時、彼の名前がZGYではなく、MJだと誤解が解けた。
しゃがれ声だが、あくまで控えめで、敬語を使い、礼儀正しい印象だった。
バンドをしたいけれども、メンバーがそろわずに活動できないと話していた。
俺の記憶では、生ビールジョッキ1杯ほどで先に帰ったと思う。
俺みたいに飲むために来たのではなかったからだ。
俺は酔っ払って終電で帰った記憶がある。

この日以来、MJをよく見かける様になった。
彼は顔を売るために色々なライブに顔を出していたからだ。
バンドを立ち上げる為にやはり人材を探していたのだ。

暫くは、そんな日が続いた。

そして、ついにメンバーを集める事に成功した。
MJが自分で目ぼしい人間に声をかけて出来たのがZGYである。

1986年にはメンバーが固まり、MJ(Vo),MS(G)、TN(B),OM(Dr)の4人となった。
GDFのボーカルだけを挿げ替えたメンバーだ。

 手帳の1987年4月21日のライブはZGYが人気だ出て来てメジャーも見えて来た頃だった。
しかし、俺はこの時のライブの事は全く覚えていない。

ZGYは、この年の秋、メジャーデビューを果たした。


ーつづくー