酒飲み親父の自分史 「昔ロックしてた俺へ」

酒飲み親父が昔の手帳を見て半生を振り返るブログ

JSWの話 ~1987年1月その1~

 ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018(初回限定盤)(DVD付)

新型コロナのため家にいる時間が多くなった。
やることも無いので部屋の整理をしていると・・・

昔の手帳が出てきた。
1985年から2010年まで。

あの頃はスマホどころか、ガラケーも無い時代で、予定は手書きで手帳に書いていたのだ。
2010年以降はきっと携帯に予定を打ち込んだためにないのであろう。

さて、ちょっとだけ手帳のなかを覗いてみるか。

1987年の手帳にはスタジオ練習とライブの予定が書いてあった。
私は就職して2年目、それと同時に新宿でバンド活動をしていたのだ。
この頃はMGと言うバンドに参加していた。

1987年  1月15日 渋谷ラママ
      2月16日 渋谷ラママ 
              3月13日 渋谷ラママ
毎月ラママでライブをこなしている。
ん?あああ思い出した。時を戻そう。

この頃MGは渋谷のラママを中心に活動していた。
月に1回位のペースで出演していた。
ラママは比較的出演し易かったのかもしれない。
対バンはまだ売れていないJSWが妙に多かった。
一緒に出演をしたのは、1回や2回ではなかった。

JSWは4人組のパンキッシュなビートロックバンドである。
白いTシャツに革ジャンがトレードマークだった。

彼らは、元気で明るい兄貴的なキャラで売っていた。
客層は、俺達とは違い、圧倒的に若い女子が多かった。
そして、彼女達は目当てのJSW以外のバンドは見ないのである。
俺たちの客が増える訳ではないので、JSWと対バンをやるメリットはあまり無かった。

先に俺達が出る場合、初めは少なかった客も、JSWの時は人数が倍増する。
俺達がトリの時はその逆で、JSWの演奏が終わると、それまで入っていた客が半減してしまうのである。
帰る訳ではなく、小屋の外でたむろして出待ちをするのだ。

まだ立ち見が出るまでは行かなかったが、彼らは徐々に動員を増やしつつあった。
しかし、ワンマンでやるだけの動員力はお互いまだ無かった。

J(S)W

J(S)W

 

 覚えているのは、よく一緒に打ち上げに行った事だ。
彼らとは、渋谷の焼き鳥屋で飲んだ。
他にも行ったのに、なぜか焼き鳥屋の場面ばかりを思い出す。
決まって行くのは、ラママの坂を下りた井之頭線脇の店であった。

JSWのメンバーは4人とも一次会には必ず参加していた。
俺達の方が年上のせいもあり、彼らは腰が低かった。

ボーカルのKとギターのJは俺達の方まで席を移り、一緒に飲んでいた。
この2人は社交的で口数も多かった。
ベースのTとドラムのKは、はじの方で飲んでいた感じだ。
この2人は口数が少なく、あまり深く話をした記憶か無い。

打ち上げで飲んでいる時、俺は何故バンド名をJSWにしたのかを聞いたことがあった。
Mジュンタの「ジュン」とスターウォーズの「ルークスカイウォーカー」を掛け合わせたのか、と聞いた。
しかし、違うと言う。
偶然目に留まったTシャツの文字をそのままバンド名にしたと言っていた。
本当に深い意味は無いらしい。
とりあえず付けた名前がそのままになったのである。

そして、一番印象に残っているのは、彼らの女マネージャーである。
すごくしっかりしていて、打ち上げを仕切っている。
お開きの時には、皆から会費を徴収し会計は終わっていた。
まだまだ俺達は2次会に行くが、彼らの女マネージャーは2次会に行く事を許さなかった。

ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018(初回限定盤)(DVD付)

ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018(初回限定盤)(DVD付)

 

 この頃の彼らの悩みは、ラママ以外の小屋には伝手がなく出られないという事だった。
デモテープを持って行っても、ラママ以外に実績の無い彼らを出演させる店は無かったらしい。
動員も自分達の手売りでなんとかしていた。

ボーカルのKとギターのJは、是非ともラママ以外の店に出たいと言っていた。
当時JSWは渋谷ラママだけを拠点としており、新宿進出の足掛かりが欲しかったのだろう。
俺達は新宿ロフトにパイプがあったから、近づいて来たのかもしれない。
打ち上げではいつもこの話になっていた。

そして数か月後、俺達はこの年の4月に彼らの希望通り新宿ロフトに対バンとして招いた。
JSWにとって初めての新宿ロフト出演だった。
本当に喜んでいた。

その後は、人気が出て動員も増え、徐々に俺達とは離れていった。
気が付くと、ワンマンで新宿ロフトを満員にしていた。

その後はご存じの通り、メジャーデビューするのである。

しかし、この時には彼らが売れっ子になり、30年もバンドを続けるとは思いもよらなかった。


ーつづくー