酒飲み親父の自分史 「昔ロックしてた俺へ」

酒飲み親父が昔の手帳を見て半生を振り返るブログ

好きなバンド ~1985年6月 その6~

NOIZ  (紙ジャケット仕様)

 新型コロナのため家にいる時間が多くなった。
やることも無いので部屋の整理をしていると・・・

昔の手帳が出てきた。
1985年から2010年まで。

あの頃はスマホどころか、ガラケーも無い時代で、予定は手書きで手帳に書いていたのだ。
2010年以降はきっと携帯に予定を打ち込んだためにないのであろう。

さて、ちょっとだけ手帳のなかを覗いてみるか。

1985年、私は大学を卒業、就職、それと同時に新宿でバンド活動をしていたのだ。
この頃は新宿ロフトの店員バンドPLMに参加していた。

1985年   6月8日 〇
    6月9日 〇
毎週土日に練習している。
ん?あああ思い出した。時を戻そう。

今回は、俺の好きな日本のバンドの話をしよう。

NOIZだ。

1977年、カルメンマキ&オズは解散した。
その後、次の活動のために春日博文、川上茂幸は新人ボーカリストを探していた。
うちの嫁さんは、このオーディションに参加した事があった。
青山のビクタースタジオ池尻大橋のポリドールスタジオ(2020.8.15訂正)でのオーディションの話は昔からよく聞いていた。
この時のドラムはチャッピーさんだったらしい。

嫁は、九州のヤマハのコンテストでカルメンマキ&オズのコピーバンドで優勝した事もある。
ギターは、大分県豊後高田の青年、KKだった。

嫁はオーディションに勝ち残り、次のスタジオの話までこぎ着けた。

この話がポシャラなかったら、NOIZは女性ボーカルバンドになっていたかもしれない。
結局その後、ボーカルは人見元基さんになった。

NOIZは1981年にライブ活動を開始し、1983年にはアルバムをリリースする。
レコーデイングメンバーはギター春日博文 、ベース川上茂幸 、ボーカル人見元基、ドラム火乃玉男。
しかし、このアルバム1枚だけで約1年後に解散した。
邦楽ファンには是非とも聞いて欲しいアルバムの1つだ。

NOIZ  (紙ジャケット仕様)

NOIZ (紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:NOIZ
  • 発売日: 2003/04/26
  • メディア: CD
 

 後に、新生VOWWOWに参加する人見元基の高音シャウト。
1曲目の「シャイニング」から本領発揮だ。
グルーブしたバックの演奏。
俺は川上シゲさんのうねってブイブイいうベースが大好きだ。
すぐに解散してしまったのが惜しい。

新宿ロフトにも1982年に2回、1983年に2回出演しているが、俺はギリギリ生で見ていない。
俺が新宿ロフトに入り浸っていたのは1984年頃からで、ちょうどNOIZ解散後であったからだ。

しかし、テープは持っていた。
新宿ロフトにあったレコードをダビングしてもらったのだろう。
お気に入りで、テープが伸びるほど聞いたものだ。

NOIZのメンバーで会った事があるのは、人見元基さんと川上茂幸さんの2人だ。

人見元基さんと知り合ったのは、新生VOWWOWに加入した時だった。
新宿ロフトでの初ライブを見た。
その声は、NOIZ時代より力強く感じた。
高音のシャウトが、ハードロックサウンドに合っていたのだろう。

ライブ後、ベースのキンさんの伝手で打ち上げに参加した。
この時、山本恭二さん、斉藤光浩さん、新美俊宏さん、厚見玲衣さんを紹介された。
山本恭二さんは1人だけワインを飲んでいた。
バウワウを始めた時、恭二さんが、新美さんにドラムを叩いて教えた話を覚えている。
確かオープンハイハットでジャージャー叩くと、ハードロックになるんだ、とか言っていたような。
メンバーが皆帰った後も、キンさんは残ってくれた。
この頃は坊主頭にしていたが、坊主頭を触らせてくれた。

その次の渋谷公会堂でのお披露目コンサートもバックステージパスで見せてもらった。

川上茂幸さんと知り合ったのは、LISA’Sの頃だった。
1988年11月1日。手帳に記録がある。
新宿ロフトでのライブだ。
ボーカルはリサさんで、ドラムはチャッピーさんだった。
相変わらずのうねりベースが聞けたが、女性ボーカルのせいかポップに感じた。
この後、タイフーンナタリにバンド名を変えたのだと思う。

ロフトの店員Nの紹介で、新宿ロフトでの打ち上げにも参加した。
川上茂幸さんは、最後まで残っていたので、NOIZ時代の話も聞いた。


NOIZ再結成とか、リマスターのCDの話も出ているらしい。
早速、俺も買う事にしよう。


ーつづくー