酒飲み親父の自分史 「昔ロックしてた俺へ」

酒飲み親父が昔の手帳を見て半生を振り返るブログ

パブタイムの席 ~1985年6月 その2~

f:id:sakenomi_oyaji:20200801071445g:plain

新型コロナのため家にいる時間が多くなった。
やることも無いので部屋の整理をしていると・・・

昔の手帳が出てきた。
1985年から2010年まで。

あの頃はスマホどころか、ガラケーも無い時代で、予定は手書きで手帳に書いていたのだ。
2010年以降はきっと携帯に予定を打ち込んだためにないのであろう。

さて、ちょっとだけ手帳のなかを覗いてみるか。

1985年、私は大学を卒業、就職、それと同時に新宿でバンド活動をしていたのだ。
この頃は新宿ロフトの店員バンドPLMに参加していた。

1985年   6月8日 〇
    6月9日 〇
毎週土日に練習している。
ん?あああ思い出した。時を戻そう。

今日は、週末の新宿ロフトのパブタイムの席の話。

一番よく一緒に飲んだのは、アナーキーの金髪ギターマリさんだ。
なぜニックネームがマリになったのかは、皆さんご存じだろうが、苗字がヘンミだからである。

マリさんは、いつもカウンターで飲んでいて、閉店の4時を過ぎても俺達がステージで練習するのを見ていた。
金髪の彼は口数が少なく、ニコニコしながら一人で飲んでいた。
笑うと目が線になって可愛い。
俺のキープボトルを飲んでいた容疑者である。
あの事件を起こした日も、ちょっと前まで一緒に飲んでいた。
事件の事はもういいだろう。

ROCK OF AGES 新宿ロフト40周年記念写真集 (LOFTBOOKS)

ROCK OF AGES 新宿ロフト40周年記念写真集 (LOFTBOOKS)

  • 発売日: 2016/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 新宿ロフトのパブタイムの席は、壁際が固定席で、観客席の真ん中に丸テーブルを幾つか置くスタイルだった。
お客さんが多い時は、ステージ上にも丸テーブルを並べた。
普通のお客さんも、運が良ければ新宿ロフトのステージに立てたのである。
もっと一杯の時は、有名ミュージシャンのサインだらけの楽屋も開放された。
その辺が、オープンで皆に愛された理由かもしれない。

定本ライブハウス「ロフト」青春記

定本ライブハウス「ロフト」青春記

  • 作者:平野悠
  • 発売日: 2020/06/01
  • メディア: 単行本
 

  週末のパブタイムの席は、暗黙の了解で決まっていた。
壁際には、座ってはいけない。
一般人は、丸テーブルかカウンターである。

入ってすぐ左側のカウンター席はアナーキーのギターのマリの指定席だった。
右側の木の長椅子席は、BOOWYの席。
手前から、ボーカル氷室さん。
その隣はギターの布袋さん。
向かいにドラム高橋まこっちゃん、ベースの松井さん。
横にARBのドラムのキース。
アナーキーの面々。
この席は近寄りがたい。

一段下がった、左側の席は、ダンガンブラザーズバンドのドラマー今井ちゃんの席だった。
そこら辺りに、沖縄のハートビーツと俺達だ。

高橋まこっちゃんは、色んな席に顔を出すが、氷室さんは自分の席から動かない。
ずっと、この席にいた印象が強い。
布袋さんは、近くに住んでいて、時にはグレーのジャージで現れた。

 

f:id:sakenomi_oyaji:20200712053952g:plain

さて、当時売れてないミュージシャンが集まると、お決まりの遊びが始まる。

自分たちの曲を有線放送にリクエストしまくるのである。
急に有線放送にロックの曲がかかりだす。
普段は滅多にかからない自分たちの曲を流して面白がるのだ。
と言うか、俺たちが面白がってリクエストしていた部分もある。

外の居酒屋に行っても、夜中に有線放送が流れれば、大体誰が飲んでいるのかが分かった。

「ロフト23時」がかかれば、ARBのドラムのキース。
「ホンキー・トンキー・クレイジー」がかかれば、BOOWYの面々。
「ミッドナイトコール」がかかると、ハートビーツ。
「素直なハートでまたどうぞ」がかかると、俺とダンガンの今井ちゃん。
こんな感じだ。

或る日、たまには居酒屋で飲もうと、ARBのドラムのキースと何人かで出かけた。
外はまだ明るかった覚えがある。
キースも俺も、同じつのだ☆ひろの弟子だ、なんて話をしていた。
すると、突然座敷にゴキブリが現れた。
キースは、いかついイメージとは違って、繊細で潔癖だった。
2度とゴキブリの出た座敷には座らなかった。
刺青の入ったサングラスをかけた坊主頭の男が、座敷のテーブルの上に座ったまま降りなかった。

それでも、そこでビールを飲んでいた。

今思えば、本当に幸せな時代だった。


ーつづくー