酒飲み親父の自分史 「昔ロックしてた俺へ」

酒飲み親父が昔の手帳を見て半生を振り返るブログ

ディープパープル ~1985年5月 その3~

ライヴ・イン・ジャパン DELUXE EDITION

新型コロナのため家にいる時間が多くなった。
やることも無いので部屋の整理をしていると・・・

昔の手帳が出てきた。
1985年から2010年まで。

あの頃はスマホどころか、ガラケーも無い時代で、予定は手書きで手帳に書いていたのだ。
2010年以降はきっと携帯に予定を打ち込んだためにないのであろう。

さて、ちょっとだけ手帳のなかを覗いてみるか。

1985年、私は大学を卒業、就職、それと同時に新宿でバンド活動をしていたのだ。
この頃は新宿LのPLMと言うバンドに参加していた。

1985年 5月14日 ディープパープル
ディープパープル再結成ライブだ。
ん?あああ思い出した。時を戻そう。

1985年5月14日、日本武道館。
再結成したディープパープルの「パーフェクト・ストレンジャーズ・ライブ」ツアーだ。

俺はこれまでパープルを見た事がなかった。
なぜなら、高校生の時には解散して、レインボー、ホワイトスネイク、ギランに分裂していたからである。
この3バンドは既に観た。
特にレインボーは来日するたびに観に行った。
コージーパウエルが俺のアイドルだった。
シンバルを叩く時に逆に首を振るのを真似たものだ。
ロニージェームスディオは一番好きなボーカリストだった。
グラハムボネットに代わった時は少し寂しかった。

レインボー・オン・ステージ

レインボー・オン・ステージ

  • アーティスト:レインボー
  • 発売日: 2012/01/18
  • メディア: CD
 

  ハードロックの王道バンドで観ていないのは、ディープパープルとレッドツェッペリンだけだ。
1980年秋には、レッドツェッペリンの来日が噂された。
しかし、来日が決まる直前にボンゾが死んだ。
ショックだった。
その時は予備校に通っていて、来春に来てくれと願っていたのだが。

 さて、昔は外タレのアリーナ最前列のチケットを確実にゲットする方法があった。

ネット販売とかは無い時代なので、とにかく電話をかけまくる。
しかし、全然繋がらない。
繋がった頃には、売れ残りのアリーナ後方か、1階、2階席しか手に入らない。
これが普通のやり方だ。

しかし、特別な入手方法があったのだ。
地方の方には申し訳ない。

観たい外タレの来日が発表されると、俺は毎週土曜日の朝6時に起きて朝刊を見る。
土曜日の朝刊の最終ページの一番下に外タレの広告が出るのを待つのだ。
これが整理券が出る合図である。

これを発見すると、急いで青山のウドー音楽事務所に向かう。

到着すると、もう列が出来ている。

ここで整理券が配られて、後日、乃木坂のキャバーンというレストランでチケットを販売していたのだ。
1枚の整理券で10枚チケットが買えたと思う。 

 さあ、武道館の話に戻ろう。
とうとう憧れのディープパープルが観れる。
来日したのは第2期の黄金メンバーだ。
リッチーブラックモア、ジョンロード、イアンペイス、ロジャーグローヴァー、イアンギランの5人だ。

パーフェクト・ストレンジャーズ

パーフェクト・ストレンジャーズ

 

 1曲目は「ハイウェイ・スター」。
間奏のギターソロからキーボードソロへ。
俺はジョンロードのハモンドオルガンが大好きだ。
レスリースピーカーをゆっくりからだんだんと早回しにする。

レスリースピーカーとは、機械的にスピーカーを回転させて、コーラス効果を物理的に作る家具調の箱だ。
俺は実物をVOWWOWの厚見玲衣さんから見せてもらった事かある。
本当に家具調の箱の中でモーターによりスピーカーが回転していた。
ドップラー効果みたいなものだ。
スライダーで回転数を変えられる様になっている。
早回しにすると、ヒューからヒューイーンと音が変わる。

ジョンロードはハモンドオルガンを揺らしまくる。
倒れないかと心配になるほどだ。

リッチーブラックモアは相変わらず黒魔術師だ。
黒のピチッとしたパンタロンがお決まりだ。

リトルイアンは堅実に叩きまくる。
相変わらずロールが速い。
ボンゾがいない今は、間違いなくワンバスドラマーではナンバーワンだ。
ロジャーグローヴァーとの相性も良い。

イアンギランは「チャイルド・イン・タイム」で本領発揮していた。
得意の高音シャウトが炸裂する。

とにかく、大満足のライブだった。

やっぱ、武道館は良いよね。


ーつづくー